バイアグラ委員会

バイアグラっていつからある薬なの?

バイアグラはいつからあるの?

バイアグラは当初、世界最大手の製薬会社のファイザー社の研究機関で狭心症の治療薬として研究されていました。

成分であるシルデナフィルが狭心症に効くのではないかといわれていたためです。

狭心症の治療薬として効果はあまりありませんでしたが勃起作用があることがわかりED治療薬として開発を進め1998年にアメリカで販売しました。

個人輸入で勃起薬バイアグラを格安で通販したい方はこちらへお進みください。

瞬く間に世界中に広まり夢の薬といわれるほどの売れ行きになりました。

日本では翌年の1999年に厚生労働省の製造認可がおり販売されています。

バイアグラを2錠以上飲んではいけない理由

バイアグラを2錠以上飲んではいけない理由

バイアグラを飲む場合には、用法用量を守るということは重要です。。

飲みすぎてしまうと、体に対しての負担、また、副作用などによってあまりいい状態になることはありません。

2錠以上飲んではいけないという理由はそこにあります。

そのため、バイアグラを使用する場合には、服用方法を間違えないようにすることも大切です。

自分の体のためにも、あまり体に負担のかかるようなことはしないことが、自身の体の健康の維持にもつながります。

毎日1錠ずつバイアグラを飲んだら身体に影響は?

バイアグラの影響は?

基本的に服用方法を間違えなければ、バイアグラを毎日1錠飲んだ場合でもある程度は影響はありません。

しかし、バイアグラに限らず、薬をずっと定期的に服用し続けばならないような状態事態はそれなりに問題がでてくるでしょう。

できれば、薬に頼らずに自身の体の状態を健康的な状態にしていくことが重要です。

一時的にバイアグラに頼る生活をしているならば、それに頼らずとも、問題のない状態にするために、自身の体の健康を取り戻すため、生活習慣などを見直していきましょう。

バイアグラとレビトラの比較

レビトラの比較

バイアグラとレビトラを比較して、一番の大きな違いは、現在服用している他の薬との併用にあります。

成分であるシルデナフィルが狭心症に効くのではないかといわれていたためです。

例えば、不整脈の薬を服用している方は、アンカロン錠やアミオダロン塩酸塩が含まれていない薬の場合にバイアグラを使用できますが、レビトラの方が併用禁止の薬は多いです。

また、HIVの治療薬を服用している方は、バイアグラは可能ですが、レビトラは使用できません。

このように、服用している薬によって、使用が制限されますので、必ず医師に相談しましょう。

バイアグラとシアリスの比較

シアリスの比較

バイアグラは世界で始めて認定された勃起不全治療薬です。

それに対してシアリスは一番最近できた勃起不全の治療薬です。ともに血管の流れを良くして勃起力を高めることが目的ですが、比較するとバイアグラに対してシアリスは食べものの影響を受けないこと。

そして、服用してからの持続時間が長いことが大きな違いです。

バイアグラは服用する際に2時間の空腹を置いて服用し1時間ぐらいで効果が出て5時間ぐらいで効果がなくなってきますが、シアリスは食事による制限はなく、金曜日の夜に飲めば土日の2日間も持続力があるのが大きな特徴です。