ED治療薬のバイアグラとレビトラを比較したら何が違う?

バイアグラVSレビトラ

バイアグラVSレビトラ

日本では、勃起不全の患者が増えています。30代から40代の若い男性でも、専門クリニックに通って勃起不全の治療を受けています。

勃起不全の原因は、大きく分けて3種類あります。

心因性、器質性、心因性と器質性の混合です。

心因性の勃起不全は、体には異常がないのに、ストレスなど心理的な原因により勃起不全の様々症状が誘発されます。

勃起不全で最も多いのが、ストレスによる勃起不全なのです。精神的なストレスを抱えていると、性的な刺激を受けても大脳が興奮しづらいため、勃起がうまくいかないのです。

幼少時のトラウマなど、過去の問題によって勃起不全を発症している場合は、投薬治療の他に、カウンセリングなどを併用して治療を行うケースもあります。

体が傷ついたり、生活習慣病などの病気によって勃起不全が誘発された場合は、器質性勃起不全と呼ばれます。

糖尿病や高血圧症の人は、器質性の勃起不全になりやすいです。

血管に問題が起こり、血液の循環が悪くなると、陰茎海綿体に十分な血液が流れなくなり、勃起しづらくなるのです。

専門クリニックで勃起不全を治療する場合、通常は投薬治療を行います。

現在クリニックで処方されている治療薬は、PDE5阻害薬と言われている薬です。

PDE5阻害薬では、バイアグラやレビトラが有名です。

バイアグラとレビトラは、比較されることが多い治療薬です。

世界で初めて誕生したPDE5阻害薬が、バイアグラです。

バイアグラは、もともと狭心症の治療薬として開発が行われていましたが、臨床試験で勃起障害にも効果が期待できることがわかったのです。

バイアグラは、勃起不全の治療薬として開発され、販売後は世界中で爆発的に売れます。

日本でも販売前から雑誌やテレビなどの様々なメディアで取り上げられ、大きな話題となりました。

レビトラは、2番目に登場したPDE5阻害薬です。

ドイツの有名企業が開発したレビトラは、日本では2004年に発売されています。

レビトラは、水に溶けやすく、即効性があります。

また、食事の影響を受けにくいため、人気が高いです。

服用は、1日1回で、次の服用までは24時間以上あけます。

5mg、10mg、20mgの錠剤があり、どの錠剤を服用するかは、医師が指示します。

薬を服用する場合は、必ず医師の指示を守って服用することが大事です。

心臓の病気で硝酸剤を服用している人は、併用することはできません。

服用後に狭心症の発作が起こった場合は、すぐに担当医に連絡し、診察を受けることが大切です。