ED治療薬のバイアグラっていつからあるお薬なの?

バイアグラはいつからある?

バイアグラはいつからある?

インターネット上には、様々な悩みを解決する情報サイトが数多く存在します。

男性の悩みで多いのが、勃起不全の悩みです。

勃起不全は、病気やケガなど、体に原因があって引き起こされることもあれば、会社や家庭でのストレスや、子供の頃のトラウマが原因で引き起こされることもあります。

EDとも呼ばれている勃起不全は、専門クリニックで治療が行われています。

現在は、優れた治療薬があり、多くの人が処方を受けています。

勃起不全を治療する薬として、初めて世に出たのがバイアグラです。

バイアグラは、もともと狭心症を治療する薬として開発されていました。

ところが、試験の段階で勃起不全に対する効果がわかり、勃起不全の薬として販売されることになったのです。

アメリカで発売されたのは1998年で、日本にいる男性の中には、個人輸入を利用して入手した人もいます。その中には用法や用量を守らなかったため、重篤な副作用が出てしまった人もいたのです。

健康被害が続出したため、日本でも早急にバイアグラの製造販売が承認され、承認申請から半年間という早さで認可されます。

そして、アメリカでの発売から1年後の1999年に製造販売承認を取得し、日本でも販売が始まったのです。バイアグラの有効成分は、シルデナフィルです。

男性の体内には、勃起を抑制する酵素があります。

この酵素が優位だと勃起不全になってしまいます。

シルデナフィルは、勃起を抑制する酵素の働きを阻害することで、勃起を促します。

ただ、服用したから勃起するという薬ではありません。

脳が性的な興奮を感じて、陰茎に勃起の指令を出さないと、勃起しないのです。

血液の流れをスムーズにして、勃起を促すので、性的な興奮や刺激によって勃起することが大事です。

バイアグラは、ED治療薬の中でも最も有名で、日本でも人気が高いです。

2016年には、フィルム型も登場し、大きな注目を集めています。

フィルム型なので、財布やパスケースにも保管でき、とても便利だと好評です。

現在でも世界中の男性に愛用されている治療薬ですが、狭心症で硝酸剤を使っている人は、服用できません。

飲み薬はもちろん、吸入剤や貼り薬であっても使えません。勃起不全は、病気が原因で発症することもあります。

病院で病気の治療のために薬を処方されている人は、ED治療薬を服用する前に、医師と相談してから服用することが大事です。

服用後に、体に異常が出た場合は、すぐに服用を中止して、病院で診察を受けた方が安心です。